心の病は身体に現れることもある【心身症治療にも役立つ情報】

病んだ心は体も病ませる
このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスが原因

悩む男性

心身症の治療方法は一人ひとりの身体に現れている症状によって異なります。原因となるストレスに対するアプローチの方法などは、医師や心理士などに相談することで身に付けることが出来ます。治療には時間がかかりますが、諦めないことが大切です。

詳細へ

心療内科での治療の内容

診察

精神的な悩みを原因として身体に症状が現れるのを心身症と言い、これは心療内科で治してもらうことができます。特に下痢を発症する方が多く、これは整腸剤によって緩和できますが、加えて向精神薬を摂取して自律神経を安定させることが大切です。

詳細へ

心と体のケアが必要な病

人形とパズル

疾患や診断の特徴

うつ病や統合失調症などは精神疾患に分類されますが、これらと似た病に心身症が挙げられます。心身症の治療は、身体症状の原因に心の状態が大きく関わっている点に注目します。心身症の症状は消化器官の不調、頻繁なめまいなどの様々なケースがあります。大きな特徴は、これらの原因が外科的には判明しないということが挙げられます。そのため、胃腸の調子が悪くて検査を受けても、臓器には何も異常がないといったことが起こります。その際に、原因の一つとしてストレスなどで乱れた心の状態が考慮されます。一般的な精神疾患はカウンセリングと脳内物質を整える投薬治療が一般的です。しかし、心身症は患者の苦痛の原因の多くが身体症状にあるため、まずは発症部位に合わせた投薬が行われます。身体症状が落ち着いてくると、それぞれのケースに合わせてストレスを軽減する治療が行われます。多くの精神疾患がまずは精神症状の緩和を目指すのに対し、心身症は身体症状のケアから始まる点で特徴的であると言えます。

受診する診療科

心身症では胃や皮膚など身体の様々な部位に症状が現れます。そのため、外科的な疾患なのか心因性の疾患なのか区別がつきづらいという点に注意が必要です。うつ病などの精神疾患の検査ではチェックシートが使われます。このシートを簡易化したものがインターネット上にも多くあり、受診のきっかけとして活用されています。心身症もチェック式の検査が行われますが、実際は外科的な疾患も考慮する必要があります。心因性と思っていたら実際は臓器の異常によるものであるということもあり、その場合は早期発見・治療が遅れやすいです。気になる身体症状が出た場合、まずは症状に合わせた診療科で検査を受けることが大切です。そのうえで、検査結果に異状がないにも関わらず症状が続く場合は、精神科や心療内科で相談しましょう。事前に外科的な検査を受けておくことで、心身症の診断もスムーズに行われます。身体症状が酷い心身症の場合は他の診療科と連携することもあります。そのため、近くに他の診療科があるクリニックや総合病院を受診することも大切です。

まじめな人は要注意

ナース

心身症になる人は、まじめで几帳面で、仕事や勉強の良くできる人が多いです。そのため、心の病気の自覚がなく治療が遅れることもあります。家族の協力を受けながら、薬物や精神療法などの治療を受けることが必要です。

詳細へ

誰でもなる可能性がある

悩む男性

ストレスが原因で、様々な症状が現れている状態を心身症といいます。治療は症状に合わせて、身体的・精神的に行われます。一度良くなっても、症状は再発しやすいため、最後まで油断をしないということが大切でしょう。

詳細へ

ストレスで病気になる

ドクター

ストレスに上手に対処できないと、自律神経のバランスを崩し過敏性大腸症候群やアトピー性皮膚炎、胃潰瘍などの病気を引き起こします。これらの病気を心身症といいます。対処療法を受けると共に心療内科で治療を受けるとストレスと上手に付き合えるようになり病気の再発を防げます。

詳細へ