心の病は身体に現れることもある【心身症治療にも役立つ情報】

医師
このエントリーをはてなブックマークに追加

心療内科での治療の内容

診察

ストレスが蓄積すると、高血圧症や胃炎などの肉体的な症状が発症する場合があります。ストレスなどの心の状態が原因で発症する肉体疾患のことを心身症といい、心身症は心療内科で治療することができます。最近はストレスの蓄積による心身症の患者が増えており、心療内科は心身症の患者からの人気を集めています。心療内科の人気が高い理由は、肉体疾患だけでなく肉体疾患の原因になる精神疾患も治療してもらえるからです。心療内科での心身症の治療方法は薬物療法が中心になり、薬で腹痛や頭痛などの肉体疾患の改善を図ります。心身症の原因になる精神疾患の治療では抗不安薬などの薬が投与されます。心療内科では生活指導も行っており、ストレスを溜めにくくする生活の方法などを指導してもらえます。心療内科はストレスを溜めやすい性格の人からの人気も高く、心理的ストレスが蓄積しにくくなることが人気の高い理由です。ストレスの蓄積を防ぐことによって免疫力が高まりますので、いろいろな病気の予防にも貢献します。

心療内科での心身症の治療方法は薬物療法が基本であり、心身症の症状に合わせていろいろな薬が処方されます。下痢は心身症の代表的な症状のひとつですが、心身症による下痢の治療方法は整腸剤が処方されますので、整腸剤を服用することで下痢の症状は治まります。心身症による下痢は整腸剤を飲むだけでは完治させることは難しく、心療内科では心身症の原因になるストレスを解消するための薬も投与されます。ストレスを溜めにくくするには自律神経のバランスを整えることが必要になるので、向精神薬を投与して自律神経のバランスを整えます。心療内科の中には、東洋医学を治療方法に取り入れている病院があり、そのような病院では漢方薬が処方されます。漢方薬は自律神経のバランスを整えるには最適な薬ですので、漢方薬が体質に合うと治りが早くなります。心療内科での心身症の治療では認知行動療法も行われており、思考パターンを改善することによって、ストレスが溜まりにくくなります。認知行動療法は時間がかかりますが、心身症を完治させるには非常に有効な治療方法です。